自信を持つ

自信とは自己を信頼すること。つまり自分をよく知らなければ持ち得ないもの。ヨガ哲学から自信を紐解きます。

知らないと損?晴らしておきたいヨガの5つの誤解

抽象的で分かりにくいヨガには、誤解が多く存在します。しかし、ヨガが抽象的である理由は人間の根本に根ざした素晴らしい哲学や効果があるからなのです。あなたが抱くヨガのイメージもここの中に含まれているかもしれませんが、誤解のままにしておくのはもったいない。ぜひ、ヨガの本当の実力を確かめてください。

第4チャクラ活性化 – 自分と相手の愛を育み安心感を得る

第4チャクラは、7つのチャクラの中心で身体的にも精神的にもバランスをとる役割があります。自分と周りの人々に無条件の愛を感じるためのチャクラで、バランスが良いと自分をそのまま受け入れることができます。一方バランスが悪いと我慢体質になったり、精神的にダメージをため込んだり、無感動になります。

第3チャクラ活性化 – 自分に自信を取り戻し活力を得る

第3チャクラのバランスが良いと自信を得ることででき、また強い意志と勇気と行動力がでると言われています。周囲に流されず自分を確立した状態で物事が良い方法へ行くのです。一方、バランスが悪いと、感情の起伏が激しくなり周囲を気にしがち。自信は失われた状態となり物事がネガティブな方向へと進んでしまいます。

第2チャクラの活性化方法 – 人生に悦びと創造性を得る

第2チャクラのバランスを崩すと自分に自信が持てない、優柔不断といったネガティブな感情を溜め込みます。また、膀胱や前立腺のトラブルを招き「性」への関心が低くなるか、または過剰になります。もし、こうした状況にあるなら第2チャクラのバランスを整える方法を試してみてください。

第1チャクラのバランスを整える5つの方法

ルートチャクラとも言われる第一チャクラ。あなたの人生を支える根幹ともなり、バランスを崩すと自信を喪失、何事もうまくいかない状況にうんざりしたり。また、逆に自己のエゴを強くし利己的になったりします。そのような状態にあるなら第一チャクラのバランスを整える方法を試してみましょう。5つの具体的な方法を解説します。

うまくいかない自分にうんざり?  – 本当の自分(真我)は別にあるから大丈夫

物事がうまく進まない自分をいやになることはあります。なぜ、自分はこうなんだろうと責めていませんか?しかし、今の自分はこれまでの経験から得た悲しみや苦しみが形作った自分であり、本来の自分(真我)とは違います。自分を責める前にすべきことがあります。